あんステTYM

 

観劇してきました。ライブビューイングに行くのでその後加筆修正します。メモです。

 

本編

・前回より客降り(客に対し「〜は何処にある?」「〜を知ってる?」と絡むものなど)が増えた。

・1部、スバルと北斗のあの辺はやはり原作通りとてもしんどい。ここの2人の演技力は高めだと思っています(贔屓目)

・2部はほぼユニットライブ。正直某ユニと某ユニは歌う必要なk(

・そもそもS1〜DDDで一作やっちゃうのか……(DDDまでやると何時間かかるのかという話もあるけれど)

 

・ランダム系グッズにブロマイドが追加。UNDEAD(特に晃牙と薫)のレートが跳ね上がっていた。次回作はここに某ユニットも加わるかと思うと……合掌。

 

〜キャラごとの語彙力のない感想〜 (敬称略)

スバル→相変わらず辛い境遇の中キラキラに笑う姿に苦しくなる。なんかもうしんどい。

北斗→「北斗!」と呼ばれた時、fineの衣装を受け取った時の2回の顔。あとパンフの見開き(北斗だけユニット衣装を脱いでいる図)でダメージを受けた。今作において渉との絡みは唯一可愛いシーン。例のなんでぃーやねんっ!が多用されていた。渉から逃げる顔が本気。

真→笑顔で走り抜けるところ(客降り)が可愛かった。双子に連れていかれた軽音部で助かったはずなのに、いつの間にか行方くらました上最後どこかに捕まっててどうした?って感じだった。

真緒→何様かと言われそうだけど、まだまだ彼(中の人)は頑張って欲しい(特に喋り方)。

零→以前よりわんこと仲良くなったね。

薫→客降りは前作の嵐を思い出した。後ろの席の女の子たち〜後でデートしようね〜ってプレミアム席無視するのやめたげて〜とか思ってごめん。ユニット衣装で脚が長いのがよくわかってかっこよかった。

晃牙→わんこ感が増していた。ランダムにおけるレートとオタクのハンター意識がなんかやばい(小並感)

アドニス→印象的なシーンはやはり颯馬とのやり取りかな。

敬人→紅月の稽古を見学させると言い張る顔好きです。相変わらず会長に一途で何より。

紅郎→「指咥えて見てろ」

颯馬→↑指咥えて見てる図はわんこ。今作は全編通して「まったく我は度し難いであるな!」って感じ。テンション高め。説明部分を引き継ぐ。

ひなた・ゆうた→本当に大変申し訳ないんだけどどっちかって気にしないでみてました(パッと見でわからないにわか) でもやっぱり可愛い……

英智→長台詞で語るシーンはまさに皇帝。2部登場シーンの笑顔が無邪気で良い。身長はそこまで高くないし、ごつい訳でもないのに存在感とオーラが凄い。

渉→まさにamazing!!!!多分この人鳩くらいは余裕で出せる。ちょくちょく踊ってる。「蓮巳敬人17歳です〜」

弓弦→後ろ姿がロイヤル。餓鬼って言う声が本気。かっこよくて美しい。

桃李→惚れたオタクがモンペになってそうな可愛さがあった。あざといね。

千秋→バスケ部ユニフォーム姿でわかる脚と腕があまりにも細く心配になる。全てにおいて真っ直ぐ。客降りは通路両側の客一人一人と拳を笑顔で優しくこつん、と当てていくタイプ。

奏汰→恐らくステ学院内のラスボス。2部スバルに話しかけるシーン(すばるはなにが「すき」ですか?〜「すき」なものを「すき」といえないことは〜のくだり)はラスボス感が顕著に表れていた。

鉄虎→仲間が増えてよかったね。2部の曲での飛び蹴り(のような振り)が印象的。翠との身長差が良い。

忍→ビジュアルも動きもかわいい。

翠→初っ端から説明係を押し付けられた(であろう)苦労人。何かもう彼には優しくしたい気持ちが高まる。笑 唯一の常識人としてこれからも頑張ってください。死なないでね。

ミュージカル「青春-AOHARU-鉄道2〜信越地方よりアイをこめて〜」

 

自分用メモ※時系列バラバラ

 

上越上官崇拝してる方はみんな死んだと思う。双子新幹線、えつうつあたり好きな腐女子的にはやばい。

宇都宮くん愛されまくってた。さみしいの宮くん。かわいい。

あの長野上官は今回しか見られないよ。

まぁ安比奈を出した上に西新安比奈でオリジナルストーリー作ってきたのがさ……

 

・前説

・「仮面…?」とソファの上の仮面を持ち上げる車掌さん。「西武安比奈線。彼はずっと休止していましたが、今月廃止されることが決まりました。お疲れ様。」

・つまり開始3分で西翼は死ぬ

・「途中 大して尊敬もしていない人間を崇めろと強要してくる人がいますが、その際は全力で乗っかって、頂きますよう…」

 

OP 

・「2番線に宇都宮線が参ります」高崎のパネルを持ってゆらゆらしている京浜  「だからそういうとこ!」

・りんかいのターンでみんな決めポーズしてる。東上のドヤ顔が一番じわる。

・「5番線に西武池袋線が参ります!」でしれっと登場する安比

・「6番線に東武東上線が参ります」秩鉄のパネルを持つ京浜 「うん、無理だなぁ」

・Fのターンかっこいい

・山陽上官「個性的すぎるだろ〜!」

・「7番線に東海道新幹線が参ります!」 「東海道新幹線は今期も売上ナンバーワン!」東海道兄弟がはもる

・「8番線に長野新幹線が参ります」ただいまぐんぐん成長中!がかわいい。

・「そうさ君だって」の宮くんの指の指し方が「キリンの喧嘩みたい」のシーンと同じ。顔は完全に(見下してる)本線様。

 

・ぐるぐる回る東海道上官「ずっとN700のターン♪」

 

ジュニアックホームズ 1話「消えた秩父鉄道を探して」

・「ちょっと 呼んでないのに出てこないでよ」「呼ばれる前に行動するのが社会人ってやつだろ?」

・「ちょっと岐阜とかに行ってさ!俺たちの運命も変えさせてくれよぉ〜!俺と秩鉄はなぁ!会えばお互いの名前が絶対にわかるんだ!」

・「会長の名は」「兄の名は」「秩鉄の名は」

・「あのスコップまた貸してくれよ」「えぇっ?!秩鉄ぅ〜〜〜〜〜!!!!!!!!!」そして走って消える東上

・「携帯置いてっちゃったよ」「SIM抜けば売れんじゃね?」

・「あれ使い心地よくてさぁ!どこで買ったんだ?東上?」「秩鉄ぅーーーーー!!!」電話の向こうから聞こえる東上の声「は?!お前どっから来たんだ?!?!」

・「大変だ京浜東北 高崎が居ない」←かわいい おててながい

 

第2話「消えた高崎線を探して」

・「うるさい東武東上線がいなくなったと思ったら、そこに性格に難のある宇都宮線がやってきました」「声の人事務所どこ?お前の事務所に電話してやろうか?」

・「よく見たらおっさんじゃねぇか!!」「会長はおっさんではない!天使だぞ!!」「こんなおっさんのどこが天使なんだよ!!天使ってのはなぁ!!」 

・そして通路をパタパタと飛び回る天使(物理)な東海道上官「お金ちょうだい〜!」

・「にーいさーーん!!にーいさーーん!!」

・それを携帯で写真撮りまくるの宮くん

・通路から追いかけてくるサングラス山陽上官

・壁の高崎の写真の上に貼られた会長を剥がして全力で踏みつけるの宮くん(脚が長い)

・全てニュアンス「あ、高崎だ!高崎?どこいってたの??」「どこいってたのじゃねぇよ!お前が上越上官の開業30周年記念に花を届けるっていうから買いに行ってたんだろ!!」「そうだっけ」「お前が上官に送った花、あれなんて言うんだ」「え?トリカブト?」「すっげー怒られたぞ!」「ごめんごめん、花言葉がなの忘れてたよ」「そこじゃねぇよ!あれ毒あるからな?!」「ほんとに知らなかったんだって」「嘘だ!お前毒とか詳しそうだもん」「ほんとだよ、まさかあの花に毒があるなんて思わなかったんだ」

・「早く帰っておいで」←かわいい

・正直これだけは本当に文章に出来ない 

 

・第3話「山陽新幹線の悩み」

「全く…滝川英治じゃあるまいし」「?!?!」「落ち着いてください!山陽上官には何も関係ありませんよ!!滝川英治じゃあるまいし…」「?!?!」

とにかくタキガワエイジが可哀想になる…(笑)

・「次回!九州新幹線あらわる!」「勝手なこと言うなよ」「検討しておきます」「!」

・パンフとこれとで九州上官出すぎ問題。第3弾待機。(笑)

 

京浜東北線はピンチに強い

・「これはジュニアックホームズではありません」

・階段に座ってたところから_(:3」∠)_ってなるのみやくん かわいい

・「京浜東北〜」「あ、宇都宮も止まってたね。で、湘南新宿ライン?それとも上野東京ライン?」「人為的な事故で」人を殺せそうな笑顔ですっ…と中指を立てるのみやくんと、それを必死で隠すジュニア

・「あはははは「東海道線机が投げ込まれる」「机?!」「埼京線ドア故障」「上野駅でキオスクの台車落下」セットが開き落ちるジュニア 

・この後ずっとジュニアは股のあたり抑えてる(笑)

・「じゃあ僕が肉を運ぶから君たちはテーブルを運んで」「人使い荒いね( ˙˘˙ )」「タダ飯食う気かよ」

・テーブルおじさんは日替わりネタ ここ宮くんすごい頑張ってるね……かわいい

 

呪いのてるてる坊主

・「あっめあっめふっれふっれ父さんが〜♪父さんが〜…父さ〜ん」天に手を振る上越上官

・「あめあめふれふれ父さんが 新車でお迎え嬉しいな あっぴっちぴちちゃっぷちゃっぷらんらんらん♪」「上越上官」「……何で宇都宮がここにいるのさ」ここの踊る上官ちょーーーーかわいい 

・ショルダー持ってくるの宮くんかわいい

・「高崎に作らせていたこれ、何ですか?」「何って てるてる坊主だよ」「なぜ全て逆を向いているのでしょう」「それは重力の関係だから深い意味は無いよ」のくだり(原作通り) 高崎だったんだあれ作ったの…

・👍と真顔でやる東北上官かわいい

・「よーし 運休!」「えええええええええ」青い森さん、全力

・「こまちとの連結トラブルで遅延の拡大が予想されます。運休させますか?」「あぁぁぁ」「東京駅で乗客を乗せずに発車するトラブルが…」「乗せろよ…」倒れる東北上官と顔をおさえてる青い森さん

・励ますIGRさん

・また高崎に電話かけてるの宮くん

・「大変だったな」「うん」「お疲れ様」が最強にお兄ちゃんで無理

・「人を呪わば穴二つってしみじみ実感したし…」と鞄からてるてる坊主を取り出すの宮くん「これ効くなぁ…使い方に気をつけないと♪」

 

・歩いてきてくしゃみするの宮くん 「くしゅん、うぅん?」かわいい お前くしゃみくしゅんなのかよかわいいな

・「あの人に似てるって言われるのなんか嫌だ」青い森さんに全力で雪玉を投げつける(次元を超えた)本線様カッコよすぎ

 

・「有意義な30周年だった」とちゃぶ台を東北組が囲む。上越上官からかりんとうを奪って食べてるの宮くんが「お土産持ってこんかーい!」とIGRさんが叫ぶと同時に投げる 次元を超えるの宮くん(2回目)

 

上越新幹線の悪夢

・「あつぅーーい!」 

・「北陸です♡」登場だけで笑われる北陸上官…

 

正装

・「なんだその格好は」「僕のところでE5の展示イベントやるっていうから正装だよ」「もちろん 旋律の歌姫です!」「ありがとう♪ありがとう♪みんなのおかげで今日も走ります♪」

・からの信越とのダンス 「東北新幹線E5系は一般公募で名前が決まりましたがその特徴的なカラーリングから第2位に「はつね」がランクインしました」的ナレーション

・「ね、東北P」「何系のPですかぁ?」「このへんにコメント流そうよ」「あぁここがニコフォールなら完璧なのになぁ」「ねぇコテハン持ってる?」「俺はラブ長野♡」「僕は田中/角栄

・スカートをめくる信越、ネギをとる東北上官

・「ね〜ぇ〜スカートのびらびら触らないで!ねぎ取らないで!あーーーーーっ(泣)」からの決めポーズ まじでここかわいい

 

最高気温のあれ

・裸手袋

信越とのダン信越めっちゃ笑顔

・「今日の最高気温は新潟だよ!」のダンスめっちゃかわいい

・手脚広げたまま垂直に飛ぶ上越上官 軽すぎる

・「ほらこの尊い僕を拝みなよ」

・「お巡りさん ここです」

・「服着てください」「嫌だ 第一新潟は1度も」「服着てください」「嫌だ OKとは言ってないよ」

・「服、着てください」「嫌だ」

 

長野新幹線のアイデア…に見せかけた上越新幹線のアイデア

・「しんかんせん、はじめましたぁ!」天使だ……

・12夜「そういうとこ!」と紙を床に叩きつける長野上官

 

双子新幹線のターン

・LLLと右耳ピアス事案をくっつけてきた

・「期待も批判も希望も嘲笑も全て背負うのがお前の義務だ」とにかくかっこいい

・13夜 「ピアスが落ちてる」

・「いっそ己への戒めとして一生外さないと決めたんだ」※↑のピアスを手に持ちながら

・「そ〜れ〜な👉」「上越は黙って」上越上官の顔完璧すぎるし秋田上官強い

・「何だかさっぱり分からんのだが、つまりそれは何なんだ?」「右耳だけのピアスはゲイってこと」聞いといて遊ぶ東海道上官「興味が無いなら入ってこないでよ東海道

・「ゲイって、何ですか?」長野上官に教える秋田上官、それを後ろから盗み聞きする東海道上官

 

はらぺこまちのテーマ

(ニュアンス)

はらぺこまちはさみしくて お腹が空くと熊をはねちゃうの だってしょうがないじゃない 動くとお腹が減るんだもん

はらぺこまちは賢くて お腹が空くと熊をはねちゃうの だけどそれでいいじゃない 人を恐れる熊が増えるんだもん

人間と熊が共存するには 適切な数っていうのがあるんだよ マタギも減ってるし間引きの方法を考えないといけないね

はらぺこまちは切なくて お腹が空くと熊をはねちゃうの だってしょうがないじゃない 動くとお腹が減るんだもん

賢くない山形は 食べられないカモシカはねちゃうの だから熊でいいじゃない 天然記念物じゃないんだもん

だから(だから) 今日も(今日も) 熊を(熊を) ×2

はねちゃうの!

・熊をはねる秋田上官の顔が強い

・ノリノリの東北上官かわいい

 

西武のハロウィン

・「わ〜!会長の人だァ〜!!」と一般人に逃げられる西池

・西新「トリックオアトリィトォ!」「とりあえず、なんかくれ ヌードルでいいや、シーフード」チャラい

・それっと西新が投げたかぼちゃマスクをキャーーっ!!と跳ね返す西池

・そっと出てきてマントを着せてくれる安比奈 かわいい

・会長のアップリケ再び

・「西武線全線に告ぐ!我々西武グループは只今を持ってハロウィンに全力で参加表明をする!」「イエッサ!」「えぇ……」

 

4巻のやつ

・「なぁ地球って」軽やかに空中を回る西新 「自転、してなかったっけ?」「な、何を言う!」回ろうとするもやめる西池 「会長が回しているに決まっているだろう!」「だよねぇ〜👉」ここめっちゃ渋谷

 

駅チカ保育所

・歌が思い出せない

・「いやいやそれはないって。なぁ?」「うん、ない」同意を求める西新も、手でぶんぶん否定する安比奈もかわいい

・「池袋がクラッシュしたから、撤収!」のあとクラッシュした池袋から逃げる新宿、安比奈。

・途中で前を走る新宿は振り返り優しく安比奈の腕を掴み逃げる!!旦那がモテる理由がわかる!!!(死んだ)

 

西武新宿線西武池袋線

・ご本家夏コミ新刊を突っ込む鉄ミュ

・「お前また秩鉄に特攻したんだって?」「特攻じゃない!愛の儀式だ!」「マジで?お前の愛重すぎるわ…」ところで西新は東上みたいにくるのは嫌だし(意図的には)束縛もしないけど絶対手放したくないのかなぁ

・「あ、そういえばこないだ美味いラーメン屋見つけてさぁ」「え、マジぃ〜?秩鉄喜ぶかなぁ〜」「お前それしかないんか」「ない!」

 

西武新宿線の視点

・「好きなの?嫌いなの?」「なんだよ?好きか嫌いかで普通がない女の子か!」ここめっちゃ恥ずかしがってない?「で、実際、どうなの?」安比奈が完全にワイドショーを見る主婦

・「好きでもないし嫌いでもないっていうか…ほら、どうしようない奴見ると面倒見たくなるじゃん?」「あ、わかるぅ〜⤴️」ハッと両手を頬に当て、語尾があがる安比

・「そうかぁ、お前も分かるかぁ。お茶お代わり。」優しい旦那…

・「はい」と自然にお茶をいれてくれる安比奈 お湯のみ置く時に袖が落ちないようきちんと掴む

・「はっ!(立ち上がり) 気づいてしまった!こいつ俺のことを嫁のように扱っているが敷設年齢的には俺の方が年上なのでは?!」 パントマイムみたいにぐるぐる回りながら考える安比奈かわいい

・「と、言うわけで俺が旦那だと思う」「何がと、言うわけなんだ?だいたいお前無収入じゃん」「そうじゃなくて!最近主夫ってのも流行ってるじゃん」「それなら年下攻め?ってのもあるぞ?(にこっ)」「?!」ここの西新、完全に攻め顔

・「お茶」「はい」

・「池袋より乙女ロードに精通している西武新宿線であった」←?!?!

・オリジナルストーリーでこんなのをぶち込んでくる鉄ミュ許さない 原作でプロポーズ後出てきてない、つまり人妻になって初めての安比奈なので魅力が(

・これを踏まえた上でLINE LIVEの「俺がお前に存在理由をやる」を併せて聞いてみよう!

 

東海道本線の悪夢

・「今週の第1位は東海道ブラザーズで「I am refresh niisan」」

・某曲のパロディ

・あいあむりふれっしゅにいさ〜ん/

・「夢オチを続けるとはいい度胸だなぁ」「…それは言わないでよぉ…」

 

長野上官のあれ

・曲中ハイタッチしながらチェンジする長野上官(小)⇔長野上官(大) ぐうかわいい

・「僕が信越の何か知っていますよね?」落ち着いてる長野上官(大)

・11 「上司に対して利くくっ…口がなっていないと思いませんか?」そこ噛む?!笑えるシーンになってた…(仕方ない)

信越の顔も見ものですぞ

・「これってお仕置きとかした方がいいんですかね?」ニコッ

 

人柱会議

・最初のSE、秋田上官と上越上官の英語の発音はシン・ゴジラパロディらしい

・ちょくちょく何か言いたげな北陸上官かわいい

 

ED

・1,2,3,4!ってとこ超かっこいい

・西新のターンのアレンジぐうかっこいい でも西池さんのこと話して安比奈のお面持ってイケボで「俺稼いでるよ?お前を養えるくらいには」って言うから西新安比奈厨はみんな死ぬ(断言)

・秋田上官はギリギリまでもぐもぐしてる

・IGRさんは演歌

・青い森さんはロック 踊りたい

・「会長」「兄さん」「会長」「兄さん」「うるさいなぁ 何とかしろよ宇都宮」「まぁいいんじゃない?好きも嫌いも人それぞれさ」「愛する人がいるのは素晴らしい 尊敬する人がいるのは素晴らしい」「限度ってもんがあるだろう!」「限度なんてなーーい!」「全く君は気苦労が多いな ご愁傷さま」首都圏在来+西池

・「16番線に上越新幹線が参ります!」ここから完全に上越上官のターン。歌詞やばい。惚れそうになる。「常に脱いでいるのは変態だからじゃない そこに服があるからさ むしろこれは趣味趣向!」「僕の声は届いているかな 信越地方よりアイをこめて!」

・「貴様ぁ!寒いのか!」

生まれてきてくれて

恋文。

 

 

記憶がただしければ、あなたの存在を知ったのは、ドラマ版「ここはグリーンウッド」を見た時でした。他の方を目当てに見ていたけど、隣に映るはんてんを着たメガネの男の子が可愛いなぁと思ったのを覚えています。栃沢くんっていうんだ。俳優さんは何ていう名前の方なんだろう。あぁ、テニミュの人なんだ。じゃあやめておこう。

当時テニミュ、と聞いただけで避けていた自分がいました。何でだろう。二次創作だとマイナーな世界にいた私は、王道!な風潮が苦手だったんだろうなぁ。マイナーバンドが売れ始めたら逃げるファン、みたいな気持ちがあった。この時追い始めていたらって、過去を振り返っても戻ってくる訳では無いのに、ちょっとだけ思ってしまいます。

 

その次にあなたの名前を聞いたのは数年後の「ミュージカル青春鉄道」でした。青春鉄道に関しては原作の大ファンで、俳優さんに関しては茶の間というかTwitterゴリラしていた私。いわゆる2.5次元という世界にほぼ触れていなかったけど一応チェックしていました。

公開されたPV。唯一知っていた俳優さんはやはりかっこいいなぁ、クオリティ高いなぁなんて思いながら再生。そこで映ったあなたに釘づけになったんです。何でだろう、原作じゃりんかいのことを特に何とも思ったことは無かったのに笑、かっこいい!って素直に思いました。記憶力と人の顔を覚える能力が欠如しているので何ていう人なんだろうと調べ、あぁあなたでしたか、と納得した。まだファンでも何でもなかったのに、(見る前は)オフショットもかっこよかったあなたが一番好きでした。

 

茶の間だった私が、何故か鉄ミュのDVDを予約して購入した春。宇都宮くんに惚れて俳優さんを調べ始めて、その過程であなたのことも色々と知って。最初はかわいいなぁ、かっこいいなぁと思っていたけど、知っていくにつれてあなたがとても面白い人だと知りました。

 

初めてちゃんと(ライブビューイングだけど)チケットを取ろうと思い立った。高速バスを予約して上京した。事務所にメールをしてチケットを取った。チケットが当選してガッツポーズをした。男物の服を買って、(元が酷すぎるから)ちゃんと髪型と服装に気を使って、あなたの隣に座った。

あなたを好きになって、0が1になった。他人と比べればどうしようもないくらい弱いけど、それでも私にとっては大きな1歩を踏み出した。

 

 

 

そのキャラクターが憑依しているかのような役を演じている姿、役の方向性が固定されておらず振り幅が大きい所、あなたの後ろまで通る声、終わってしまえば役を引きずらないさばさばした所、共演者の方から「困ったら聞いてみよう」と言われる所、高いトークスキルに面白い話、言葉の選び方、上手なオブラート、トークショーで見せる全部、時々何を言っているのか分からない不思議な世界、ナルシストで自分をどう見せればいいのか分かっていて自撮りで誰よりも盛れる所、あなたの白い肌と大きい目、どんなブスでもしっかり手を包んで目を見て話してくれる所。全て隠して優しくしてくれるあなたが本当に大好きです。

 

 

 

まだ全然あなたを知らないな。

これまで俳優を続けていてくれてありがとうございます。だからこそあなたに出会えて本当に良かったし、幸せです。

あなたが板の上に立っていてくれる限り、微力ながら出来る範囲で応援させてください。

 

山本一慶さん、生誕10000日おめでとうございます。

眠れ安らかに、西の地で

 

 

西武新宿線と接続し南大塚駅と(廃)安比奈駅を結んでいた西武安比奈線とは、今では線路は分断され、通電もされず、廃線を特集した本の表紙を飾っていたこともある。そんな、「休止線」。

 

f:id:ikkseiei:20160826105026j:image

半世紀眠ってきたこの路線は、今年の初春突如廃線が決まった。いつ廃線になってもおかしくない、そもそも何故廃線ではなく休止線だったのか甚だ疑問ではあったけど、何でいきなり?と皆が首をかしげたのも懐かしい。

その際「廃線にする」ではなく「安比奈地区の〜」という書かれ方をし、線路跡全撤去を告げられた安比奈。

だから私は西武安比奈線は忘れられているのかなぁと悲しくなっていた。休止線のまま風化したから廃線にするのを忘れていただけだと。

 

撤去が始まるのは秋。つまりそれは西武安比奈線のいなくなる時。

私が(にわかとはいえ一般人からしたら)鉄オタだから、こんな休止線の名前を大切にしていたのであって、会社からしたら余らせていた土地でしかなかったのだとずっと思っていた。

でも眠ったままじゃなくてよかったね、ちゃんと行く末が決まったんだね、そう落ち着いた頃。

 

唯一の接続路線が、サプライズを行った。

 

某日の車両基地公開で、車両に掲げられたHMに驚きを隠せなかった。

f:id:ikkseiei:20160826110355j:image

(※こちらご自由にお使い下さいとのことで、拝借しました。)

惜別、安比奈。

私はその場にいなかったけど、写真だけでも思わず涙した。その場にいたら本当に泣いていたと思う。

グループ本社は名前をひとつも出さない休止線。だけどちっちゃいお別れツアーをやったり、駅にポスターを掲示したり、それくらいはもしかしたらあるかもしれないと思っていた。でも、これはないよ西武新宿さん。

大々的にやらず、あくまでサプライズとしてこれを掲げて公開する。その心意気に言葉を失いそうだよ。

 

f:id:ikkseiei:20160826111123j:image

 

惜別・名残惜しく、別れ辛く思うこと。

 

「忘れてなんかない」

「さようなら、西武安比奈線

イベント

時系列ガン無視メモ、口調とか間違ってるけど雰囲気で。

 

8/21 FCイベント

 

ホールに着いた私「吹奏楽コンクールの会場かな…?」

なお会場は小ホール。床が中学校の教室と同じで懐かしかった。隣の人の靴が中学生の時に指定上靴だったバレーシューズだったのがインパクト強すぎた。ごめんね。

 

静かな会場に流れ出すホールニューワールド。突然貞子のテーマになる。奥の溝?から這出て椅子まで向かう。会場爆笑。

パーマ。衣装は水色のシャツに紺の蝶ネクタイ、カーキのパンツ、先の尖った黒い革靴。高そうなパンツだね。ここ数ヶ月黒いガウチョパンツしか見てなかったので変な驚きをした。

 

「進行表を忘れてきてしまいましたね!」一度はける。

「何だっけ…(カンペ見ながら)ありがたく多忙で遅くなったけ(略)にお集まり頂きありがとうございます!自分で付けておきながら長い」

・参加型のFCを目指しているので自由に発言して欲しい

 

・FCのロード画面や会員証にいるあの子達はテン子とアク子。降ってきて描いた。何れはグッズとかも。よく喋るらしい。

「スタッフさんにもね、これでいいのかって言われてね」

 

しみじみ「10回目の18歳をむかえてね…その間に何回中学生をやったか…高校生も何回やったか…あと去年は鉄道にもなってね、…あ、路線か、路線にもなってね…」

 

今年の振り返り

1月 銀河鉄道の夜

・朗読劇なのにすごい動く

3月 舞台 弱虫ペダル 総北新世代、始動

・捌けたあとみんなぜいぜい言ってるでしょ。あれほんとなんですよ。

・意外にずっと出てた

・最後のシーンはアドリブで勝手にずっと走ってた

4月 舞台 FAIRY TAIL

「その前のRAVEが大好きで。青春ですよ。でもここで区切りつけようと思って、FAIRY TAILも名作になると思ってたから。そしたらまさか読まなきゃいけなくなって。買うよね。RAVE好きだったんだもん。BOOKOFFでね、あ〜昨日も買ったのに今日もこんなに買っちゃったよ〜って」

・しゅーととか前全部開いてるからムキムキにしてて、自分もそれを理由にバキバキにしたいなって思ってたら俺めっちゃ着込むじゃん。みんなの筋トレを見てました。

・最初のパペットはコブラの衣装でやっていた←練習の時渡されたのが改造されたオラフで、頑張ってたら「パペットいいじゃん」と褒められた

・でもいざ本物は全然違ってびびった。「脊髄を動かすタイプかぁ〜…」

「前乗りしててね。楽屋にどーんって。2mくらいあるから。皆に邪魔だなぁって言われて…かわいそうに…」

6月 昆虫戦士コンチュウジャー

「これはね、お笑い!わくわくして台本読んだら俺のシーンひとつも笑いなかった。モトさん立ってるだけで面白いですからね!俺もお笑いやりたかったなぁ…」

      あんさんぶるスターズ!オンステージ

・あんステ合流してよしやるぞ!と思ってたらいきなり通しで、「ホッケ〜コントやって」って言われて「はぁ??」って思った。れんれんに「うーん、それはそれとしてとりあえずやって?」って言われ、のにみんなが期待してくるから一応やったら「じゃあそこはそんな感じで〜」ってなった。で、生まれたのがあれ。

「ミュージカルやりたかったから。でもこれミュージカルじゃないよね、自分で自分を否定しちゃったw れんれんとね、こりゃ何だ、…ライブパートがないと成立しないし…これはあんステだ!と。」

「俺がこうパシャッ(撮影の音)、首痛いポーズ パシャッってしてるのにれんれんほんとこーやったりこーやったり(全力でスバルブロマイドの真似)してて気触れてんのかって…こういうの(笑顔で人差し指をほっぺにあてるポーズ)も撮りましたよ。何処にも使われなかったけど」

 ・オペラシーンゲネプロで生まれた。トリスタに何分あげるかわかんないって 「何分…?」考えた結果あれだった。捌けたあと円陣組んで「よしっ!」ってなった。

7月 舞台FAIRY TAIL (香港)

「ちょっとくらい英語が通じるのかなぁって思ったら全然。スタバとかドトールみたいなコーヒーショップ。ドドールって言うんですけど、ドトールじゃないのかよ!って。そこで「アイス」って言ったらん?みたいな顔されて。〜、指さしたら👍ってやられて、これは指差しでいけるなって。そこからは全部指差しでした」

       夏の夜の夢

「女の子、いいなって。辛うじてそっちには目覚めなかったんですけど」

つけまとかね…↓

ハーミア「あんた不器用ねぇ!ちょっと見せなさいよ…わぁへったくそ!ほら私の見なさい」

ヘレナ「あんた器用ねぇ〜」(熱演)

「章平をね、好きになっちゃうよね…」

・完全なる悪女をイメージしてピュアを作る。そうでないと出来ない。

8月 舞台 青の祓魔師 京都紅蓮編

「一生分怒りましたね」

「(胸ぐら掴むから)終わったあときたむー見たら痣になってて、え?!って思ったら「あーこれ罰ゲームでゴムぱっちんしたあと」って言われて…中学生かよって」

・勝呂くんの数珠が何故かお酢の臭い。しゅーとくんにもきたむーにうわってされる。稽古で動くとスタッフさんたちが変な臭がする、みたいなことを言う。でもだんだん臭いが消えていった。だからずっと俺の手はお酢の臭いしてた。

 

「わぁって(ぶりっこポーズ)やってたのに次はあぁ?(胸ぐら掴むポーズ)ですからね、気でもふれてんのかって」

 

質問コーナー

控えめにちょっとずつ袖から出てくる箱(可愛い)

Q.カスタムが有名ですが最近スタバでよく飲むのは?

A.カスタムってあれだよね、ダークモカチップフラペチーノホイップ多めチョコチップ多めチョコソースプラス!でも最近はキャラメルマキアートのアイス。

新しいコーヒーの飲み方をして。コーヒーに蜂蜜を入れるんですよ。意外に蜂蜜いいなって。(ニュアンスですみません)

Q.スタバでよく頼むサイドメニュー

A.ハム&マリボーと、わっふーー!

Q.スタバでよく頼むサイズは?

またスタバかよ!トーールッ!トーーーーールッ!(巻舌で)そりゃそうでしょ!

Q.夏休みの宿題は早めに終わらせる派?最後にやる派?

A.(勢いよく紙を椅子に置きながら)やりません!!生徒会だった頃、先生に「お前夏休みの課題出してないだろ」って言われて、ロッカー見てもなくて、そもそも貰ってなかったことがある。

Q.共演したい俳優さんは?

A.レオナルド・ディカプリオかな。意思疎通は指差しでね!(ここで香港での指差し演技をする) まりおとはがっつりやりたいな。あとはね、矢田ちゃん!でも楽屋がハッピー(←多分違う)になっちゃうからなぁ〜

Q.〜、もう一度見られたら嬉しいです!

きゃーー!/

「何でぇやねんっ!!!!」全力で頂きました。

Q.「夏の夜の夢」自分で可愛いと思いましたか?

A.思いました!!!暗がりでね、袖にある鏡の前通ってふと立ち止まって「あ、俺か。可愛いな」って。

Q.仕事のモチベーションは?

A.次の仕事を考えること。ハーミアやりながら(ぶりっこポーズ)次は勝呂で男らしい演技が出来ると思うとやってやろうという気持ちになる。幅広い演技ができるってのは快感、だよね。

Q.愛用している物は?

愛用かぁ…あんまり物に執着がないんですよね。ゲームかな!最近はiPhone

ここでゲームは自分の世界に入れる(意訳)みたいなこと言ってた。(忘れた)

 

サプライズでスタッフさんがケーキを持ってくる。

「や、やるなぁ〜」

「(2本刺さったろうそくを見ながら)鬼かと思った…熊かぁ」

「クマちゃん〜何処から来たの〜?厨房?そっかぁ〜」

 

プレゼントコーナー。自分で選んで買った物にサインが入っている。→取っ手付きの箱、スマホの映像がVRになるもの、トートバッグ、筆箱、テン子とアク子の直筆イラストのパズル

「右は大切なんであげれないんですけど」と言いながら左耳のイヤリングを外す。青エクで使ったやつ。2名様へ。コレ見てたリア恋勢いきてるか?

 

チェキ。

「みんなお化粧直して待っててね〜!」

指定ポーズ

①何もしない、ハート

②何もしない、ハート、ピース、肩抱き、りんかいポーズ、オンキリキリバサラバジリ(勝呂くんの詠唱)

・初めて肩抱きしたお客さんに黄色い声

・オンキリ〜はまさかの共同作業。※後にお揃いポーズになった模様

・りんかいポーズは顔がりんかいだったので好きです(鉄ミュ厨)

チェキ関連は順番が前から1桁だったのでほかの方がどうだったのかわかりません!しかしJKに対して一番笑顔だったって聞いて安心した。

でもチェキが出てくるまで結構長く手を握ったまま話してくれた。その後プレゼントやお手紙手渡し。お見送りバイバイはあまり手を動かさない落ち着いたあれ。

彼の手の残り香は桃っぽいフルーツ。女の子っぽいハンドクリーム。

マウントな戦争感なく、剥がされることもなく自主的にこんにちは→さようならしていく流れが平和だったと思う。

 

物販

・ブロマイド 4枚1組×4セット、コンプで生写真つき

バリバリ舞台メイクの黒い衣装(すみません何かわからない)、いちばんの〜、夏夢、浴衣の4種類が1枚ずつ。生写真はケーキ持ってるやつ。あれ髪型どうにかならなかったの(小声)

・チェキ券 1回2000円、上限5

個人的にここで最愛のハーミアたん(※女装好きではない、キャラ好きである)に再開できると思っていなかったのでテンションが爆上がりする。

チェキ券は高いんですかね?相場がわかりません。

 

ただ、2ヶ月半遅くなったのに誕生日を引っさげたなら俳優さんからのメッセージ動画一本くらいあっても良かったと思います。

…これといい、カレンダーイベ3部通したらチェキ1枚のあれといい、某舞台のオープニングゲストといい事務所の稼ぎ頭だなぁと思いました(こなみ)。オタクがんばれ。

しかし彼のトークスキルは半端なくてめちゃくちゃ楽しかったです。あれを3時間くらいぼーーっとラジオのように聞いていたいなぁ笑 

まさかの最前列での参加だったので近過ぎて終始びびってました。

またイベントやりたいと言っていたので叶うといいね!カレンダーイベ行かない在宅なので、次までにお金貯めておきます。

 

あと超個人的な話ですが隣の席だった遠征組のお姉さん(古参の学生さん)と夜ご飯を共にして、初めて同推しさんとお話出来たのが良かったです。私はド新規ということもあって同推しさんとお付き合いしてなかったので新鮮でした。

「あんな特徴的な指輪つけるなよ!」

まさか初対面の方とそんな話をするとは夢にも思わなかったけど(笑)snowしんどい芸人なので共感できて良かった。

「今朝彼女のTwitter見て、もぐもぐ見て、あぁ…って(笑)」

 

マウントの多いこの界隈では平和な世界だったと思うので(話を聞いたほかのイベントに比べて)、これからもこういう雰囲気のままファンクラブが続けばいいと思います。

楽しかったです(*´﹀`*)

夏の夜の夢


夏の夜の夢 および スペシャルトークショー
@亀戸文化センター カメリアホール

7/16 観劇してきました!
お恥ずかしながら人生初の観劇でした。

小さいホールなので5列目でもめちゃくちゃ近かった。舞台まで3mとか。あと勾配があるので前列でも見えないってことがないです。というわけで、カメリアホールはいいぞ。

相変わらず支離滅裂自分用メモ(随時更新) 1度ではくどすぎて台詞が覚えられませんでした…。

▽ハーミア
ディミートリアスとの婚約を断る。このままいけばアテネの法に従って満月の夜に殺される娘。ライサンダーが好き。

ビジュアル解禁から一部で話題になってましたね。正直言うと私はブログのヘレナとのツーショット、キャバ嬢かと思いました、ごめんなさい。

まず前提としてハーミアは途中からひたすら可哀想な役どころの女の子です。
あんなに愛してるって言ってくれたライサンダーに罵倒されるし、親友のヘレナに裏切られるし、自分を好いていた婚約者にもdisられまくり。
でもひたすらに大好きなライサンダーを信じ愛している。どんなに罵倒されても振りほどかれても愛の言葉をかける、そんなハーミアは一途で可愛い。

「私は綺麗よね…?」

とにかく言いたいのはどんな写真よりも動いてる時が一番女の子ということ。でも愛について語りかける声は力強い。そのギャップもまた良い。
父親が娘を殺すことを王に願い出るという登場シーン。刑について話したり、婚約者のディミートリアスの話をしている時ははっ、と驚いた顔もしくは悲しそうな顔をしているのに、(婚約者がいるにも関わらず娘を誑かした)ライサンダーdisが始まると途端にぱぁっと笑顔になるハーミア。頭にライサンダーしか居ないのでは…?
ハーミアは、「あの人(ディミートリアス)はどんなに嫌っても私を好きだとか言ってくるのよ!」みたいなことを、ディミートリアスに振り向いてもらえないヘレナに言っちゃう女の子。
森に入り睡眠をとることにするシーン。ライサンダーが隣で寝ようとしたのを止めるハーミア可愛いよ…初夜(添い寝でも)ちゃんとは結ばれてからよね…。(後述)
媚薬が塗られた後、ヘレナと喧嘩するシーンは女!って感じがして最高。ここは後述。
媚薬を塗られた男2人が真実の愛に目覚め、壮大な夢オチをして、ライサンダーが元通りになってからはずっと目がハートで、ハーミアには多分ライサンダーしか見えてないし、本当に彼は彼女のすべてなのだ。

で、ラストに市民が宴で劇をやるという劇中劇があり(※狡猾的悲劇。とてつもなくこのシーンは面白いし、テンポがいいカオス。兎に角笑える…)、ライサンダーとハーミアはそれを観劇しているんですが、

本当に恋するリア充な女の子だった。

「山本一慶さんが女の子だった頃はこんな感じ」っていうレポを見かけたんですが、ここのシーンでよくわかる。
隣に座るライサンダーをチラチラ見たり、ポンポン、と肩を叩いて振り向いてもらって目が合えば微笑むし、髪の毛くるくるいじるし、音楽に乗って顔を動かして手を小さく振って、立ち上がった後、「ほら座ろう?」って感じでライサンダーの腕を引っ張ってみたり。
どこでその技術身につけてきたの?ってくらい女の子そのものだった、女子力がカンストしてました。
最後の最後、カテコのお辞儀は教会で祈りを捧げる乙女の如く、3回とも美しかった。
後にライサンダー役の章平さんが「舞台上では一切男を見せず、夢中にさせてくれました」とブログに書かれていましたが、まさにその通り。

でもまさかのあんステ同様感想が「どんぐり」(※後述)だからそれだけは…それだけは…。

ライサンダー
ハーミアの恋人。

初っ端のディミートリアスとの人間棒倒し(?)のシーンの睨みがまずかっこいい。筋肉ムキムキ……。
ライサンダーは誠実な男で、駆け落ちをしよう、と持ちかけるシーンと、森に逃げ込んで眠りにつく前の甘いシーンで惚れる。でも真ん中でやるもんだから前の方に被って1ミリも見えなかったのが心残りだよ!!(泣)
そして甘い雰囲気になり、せっかく隣で寝ようとしたのに「貴方が紳士ならおねがい、もう少し離れて?」とお願いされ、少しずつ離れてはリアクションを伺うライサンダーがめっちゃ可愛い。
んで媚薬事件で途中から突然のドS男に変わるライサンダー。兎に角ハーミアを見下し貶しdisる。うわぁ人ってここまで変わるもんなんだなぁ(小並感)。
これ前半のライサンダーが見たら殴り倒すと思う。

▽ヘレナ
ハーミアとは幼馴染み。ディミートリアスのことが好き。ディミートリアスにハーミアとライサンダーが駆け落ちすることを伝える。

ヤンデレとメンヘラを持ち合わせた上に妄想力豊かすぎるなんかこう地雷感溢れる女の子。
でもこの子もめちゃくちゃ一途で、彼が絶対振り向かないってわかってても「罵倒されるたび好きになるの(意訳)」って言って着いていく女の子。
親友のはずのハーミアに「昔から喧嘩っ早かった!」と言い出し、低身長ネタでdisり、自分に惚れている2人に「あの女から私を守って!(意訳)」と言っちゃうシーンで女の闇を感じる。殴り合いしたらヘレナは勝てると思うよ。

ハーミアを好きで見ているとあんまり印象が良くないんですが、ヘレナ側に立つとハーミアむかつきますね。自分がずっと大好きで、振り向いてくれない彼に好かれている時点であれなのに、それを嫌だと抜かして婚約も破棄しようとするし、多分昔から素直で純粋なハーミアに、無意識に殴られてきたんだうなぁとかしみじみ。

ヘレナは、舞台の中で台詞量が一番多かったそうです。確かにあの長くてくどい台詞を言いきれるヘレナ、すごい。

▽ディミートリアス
ハーミアの婚約者で、父親のお気に入り。ヘレナのことは嫌い。

一番印象的なシーン→舞台上の丸いテーブルの様なセットからほぼ垂直にドン、と足音をわざと目立たせるよう飛び降りるシーン。かっこよかった!!そして脚長い!

彼は前半ひたすらヘレナを嫌ってdisって着いてくんな着いてくんなって言ってたくせに途中からヘレナまじ可愛い愛してるとか言い出す男であります。
最後には真実の愛に目覚め、ヘレナを本当に愛するんですがその3種の変わりようがいい。特に真ん中は闘争心ギラッギラで◎ 格闘したらディミートリアスが勝ちそう。
ヘレナをエスコートするところと、劇中劇のシーンはまさに紳士。好青年感ばっちり。あっちのカップルより落ち着いていました。

ところで前半ヘレナが彼に優しくされた(好かれた)ことは無いみたいなことを言っていた(きがする…)のに、目覚めた後「一時の気の迷いで好物(ヘレナ)を嫌いになっていましたが、また好きになりました」と言っていたよね…。壮大なツンデレ…なのか?

▽パック
森のいたずら好きな妖精。王の命令のもとにライサンダーとディミートリアスに媚薬を塗る。また、ボトムの頭をロバにする。

私の推しキャラです。

身軽にぴょんぴょん楽しそうに跳ねる。身のこなしが軽い!そしてその度に帽子についた鈴がシャンシャン鳴るのが可愛い(※一慶さんも後に語ってました)。
客降りでお客さんにどこから来たのか尋ねる。「池袋?中途半端だねー」「(千葉、ディズニーランドと答えたあと)へぇ有名だよねぇ〜、知らんけど」って笑顔で言うのです。
ピエロさんがキャハハハッと笑う、たまらん。

「俯いてる人当てちゃおうかなぁ〜??あ、目が合ったね、お姉さんどこから来たの?」

何より声がいい!お調子者だから真剣な話もちょっと軽い口調なんだけど、脳内に直接入り込んでくるようなしっかりした声。途中ライサンダーとディミートリアスの声真似するシーンもばっちり。素晴らしかった。

▽ボトム
街の職人集団の1人。宴で披露する劇を練習しに森へ仲間達と向かった際、パックに顔面をロバにされる。

媚薬を塗られた妖精の女王に最初に見らて、愛されまくるボトム。テーブルの上で妖精さんに囲まれつつ女王の手つきに翻弄されるボトムはすげー生々しいっていうかエロい(笑)
ボトムの一番はラストで主役(?)になる劇中劇です。テンポが良いし面白い。見事でした。なんていうか彼に関してはこう「見てくれ!」としか言いようがないんだよ……彼の良さは私の語彙力では伝えられないよ……。

他のキャラも個性的で全員が全員面白い。妖精さんたちは兎に角頑張ってた。
長くなりますのでトークショー以外の皆様を省略させて頂きますが舞台として面白くてみんな笑って最後は大拍手だったし演出(特に媚薬を赤い糸、それを解く薬を白い糸で表現していたところ!)も素晴らしかったよ!!!!
オールメールで男祭りと言われてましたが、本当に祭りだった。オールメールだからこそできた舞台だと思います。女の方がいればまた違ったものになるんだろうけども。

円盤化されないのが悔やまれます…。


スペシャルトークショー
※時系列無視になってます

とりあえず幕が上がった瞬間からひどかった(褒めてます)。

壇上の丸いテーブルみたいなセットの上で組体操のように?某漫画立ちのように?ポーズを決める5人。

「台本には僕ひとりが登場するって書いてありますからねぇ。さっき決めたんでしょ、知らないからね」って言って無視して始めるMCの大和くん。
プルプル震える圭輔くんをつんつん触る一慶くんは小西くんと手を繋ぎ堪えてた。ちょっと可愛かった。

服装は
一慶くん→いつもの黒Tシャツ(の中のテカテカしてるやつ)、ガウチョパンツ、黒スニーカー。
大和くん→遠くから見るとボンタンアメ(にしか見えなかった)レモン柄のシャツと半ズボン。
章平くん→定番白シャツインでパンツスタイル、役のままオールバック。
圭輔くん→黒いTシャツ。前髪が大変なことになってた。
ほか2人思い出せない本当にごめんなさい。

ていうかなんかね、MC大和くんと伊崎くん頑張ってたの……。特に伊崎くんがしっかりしてて素晴らしかった。若いのに。

まーーーーーーー、小西くんと一慶くんがとにかくうるさい。うるさいしずっとオカマ風(というか女役のまま)。
楽屋(伊崎くん以外)もずーーっとこんな感じだって大和くんが呆れてた(笑)
その間も「いやぁねぇ〜」みたいなノリの女2人。誰か喋ってても2人でキャッキャしてました。

脱線する度伊崎くんに話が振られて、「何で俺なんですか?!」ってなりつつもしっかり答える彼は凄い(笑)←これに対して何でそういうことするの?!というニュアンスで一慶くんはおこでした。

小西くん「この前(初日後)もラーメン屋で2人でずっとこんな感じだったわぁ」
一慶くん「ね〜」
↑本人達いわく自分と役の振幅がでかすぎてこういうことで調整してる、という話でした。
放っておいたら1時間くらいこのノリでいけるそうだ。

圭輔くんはひたすら前髪いじりにあう。

ライサンダーとハーミアが役を交換してやってみようってなったのに「どんぐり」シーンは痛いから嫌だって言う一慶くん。痛くしないからって言う章平くん。カップル役がいちゃいちゃしてた。
ライサンダー役の一慶に振り払われたあと、ためにためて「どんぐりって…」を熱演するハーミア役の章平くん。顔、見事でした。
一慶くん「俺そんなにためてないからね?!」

ハーミアの好きなところは?という質問。
一慶くん「俺の好きなところは?」
↑ここの顔が真顔チックで聞きようによっては乙女向けでした。イケボずるい。(笑)
大和くん「質問変わってるからw」
章平くんは例の女の子シーンを説明してた。

大和くん「タイトルにかけて、みんな夢とかありますか(意訳)?」
圭輔くん「スキューバダイビングしたい」
一慶くん「鮫出るよぉ?」
小西くん「クラゲも出るよぉ」
「ひとでも出るよ、刺されちゃうよ」的な脅しをする女組。
圭輔くん「やらせてよ!!(泣)」

章平くん「富士山登りたい」
伊崎くん「滝行したい」
このへんアウトドアで素敵だったけど
一慶くん「エアコン買い換えたい」
「エアコンがカッカッって言うからそろそろ買い換えたい」家に人を呼びたくないから買い換えられないそうです。
「人呼びたくないの?」
「当たり前じゃない、ねぇ?」

伊崎くん「もともと(滝行に)テニミュの時に行きたいねって言ってて、…、僕のチームは熱かったので…」
一慶くん「俺たちも熱かったし…!」
謎の対抗心を燃やす先輩。ここでなんかやってたしウケてたけど私元ネタわかんないごめんなさい。

色紙プレゼントコーナーで半券を引く際に「君に決めた!(ポケモン)GO楽しみ!」って言ってたけどGO始めたらアウトドアになるのかな。

最後の挨拶が告知コーナーでした。
一慶くん「来月青の祓魔師があります。あとは…11月に八犬伝が、…、詳しくは検索してください!」
いや頑張って。あと来月の事務所主催の1件忘れてるけど大丈夫かな?って心配になった(笑)

そして幕が下りました。
最後まで手を振ってるのはみんなすっごい可愛かったです(*´`)

笑えるトークショーありがとうございました。でも舞台見たあとに見て正解でした。

以上自分用が故に乱文失礼しました。
思い出したら書き足して、書き直しますm(_ _)m

※どんぐり
劇中、身長低いって言うと何故か怒るハーミアに対して、ライサンダー
「豆粒!史上最小の女!どんぐり!」
と罵り、掴まれた腕を振り払うシーンのハーミアの演技のこと。
「ど ん ぐ り って…」ってショックを受けつつ顔芸感ある顔で(?)口パクしてる。(なお前知識が無いとそういう風には見えません) 見てもらわないことには説明しにくい…。

あんさんぶるスターズ!オンステージ


あんさんぶるスターズ!オンステージ
覚え書き (私以外には意味不明です)

千秋楽ライブビューイングでの観劇でした。
ペンライトとうちわが持ち込みOKの応援スタイル可舞台でしたが、地方なのでペンライトを持っていたのがガチ勢な連番お姉さんくらいしか居らず、ひとりで寂しく振りました(笑)

まずライブビューイング限定、TrickstarとKnightsによる注意事項の説明と挨拶。
覚えてること→スバル、ポップコーン。

スバル
スバルは兎に角体が軽い!ぴょんぴょん飛んだり、わーっ、と階段を駆け上ったり、客席を歩いたりする、それぞれの身のこなしが軽やか。
見て欲しいのは北斗に100円で釣られる時の顔!(笑)
個人的に高校生らしいキラキラした笑顔はナンバーワン。
「何であの子が泣かないといけないんだ!!」
しののんの下りの彼の泣き顔はかなり心に来ます。誰よりもまっすぐ過ぎて苦しい。

北斗
とりあえず、序盤の「花を見つめてしまっていた…」の時点で何を言ってるんだお前って思った。
例のお笑いシーン、某舞台で「アドリブの天才」と言われた通りのアドリブでした。前半の感想が「どんぐり」になるくらいにはインパクトが強すぎた。後半は「なんでぇ↑やねぇん」。
演劇部による「なんでぇやねぇ〜〜ん」の歌唱力の無駄遣いシーンであ、これファン増えたなってちょっと思った(笑)

双子とのレッスンを真剣に学んで、くすぐられて笑って、真面目な顔でボケて突っ込んで、頑張るが故に空回りする北斗。

双子のライブシーンで端っこで正座して合いの手しながら見てる所、大神くんに「ガリ勉!」と言われて?!ってなる顔、「なんでやねんは下手くそだね」って言われてショックな顔、えいえいおー!が出来なくて戸惑う顔、
生徒会と戦うことを決意した「はい!」という声、ライブシーンのキラキラした笑顔、アイドルなファンサービス、
全部好きだなぁ。

あ、結局推し贔屓だ……


真緒くん
今回が初舞台(!)だったそうで、確かに周りよりぎこちない雰囲気はありました。
でも生徒会とトリスタの間に挟まれた真緒くんを見事に演じきっていて。
特にゆーくんを守るシーンの真緒くんが好きです。
今度某舞台に出るとのことで楽しみです。彼の爽やかさに絶対似合うから。

ゆーくん
さ、最年長?!?! びっくりでした。北斗と同じくらいだと思ってた……(笑)
スバルとのコンビが高校生高校生してて本当に好き。ボケたあとの(´・ω・`)って顔が可愛い。
エンディングでひとりぴょんぴょんしてピースしてるゆーくんめっちゃ可愛い。

しののん
大天使しののん。そう言いたくなる。
声が小さくて、弱気で、生徒会に苛められても、ひとりでキラキラの笑顔で歌いきったしののん。
歌い終わったあと明星先輩に笑顔を作ってたのに溢れ出た涙を隠せなかったしののん。
しののんは、個人的に誰よりもアイドル。
しののんの涙に、本当に泣きそうだった。

葵ひなた・ゆうた くん
まず、朔間先輩を棺桶から出してあげる所が好きです。蓋を開けて、出た後片付けてくれる双子ちゃん。
真面目な北斗をほぐしてくれる双子ちゃん。
ライブシーンに入る時のヘッドホンをつける仕草。シンクロしたダンス。
本当に、本当に、舞台に双子ちゃんは実在してた。ライブシーンは何回でも見たい。
でも大神くんの「どっちが喋ってるかわかんねぇんだよ!!」に「わかる」って思ってしまった私です(笑)

朔間先輩
かっこいい。トリスタちゃんたちよりでかくて、威厳がある。大神くんとの絡みは原作そのままでした。

薫くん
ライブシーンで首筋エロい!かっこいいな〜!って思ってしまった。(笑)
もうちょっと出番があったら良かったなぁ…あの喋りで口説いてるのとか見てみたい。

大神くん
ギャンギャン騒ぐわんこが可愛い。双子との絡みも可愛い。とりあえず見て。
以上

アドニスくん
両手に10kg抱えてお肉のダイレクトマーケティングするアドニスくんめっちゃ好きです。
あとオカリナが上手い!
個人的にこれからもっと色んな舞台で見てみたい俳優さんでした。

てとら
ひとりメテオレンジャー熱かったね!アノ曲をひとりで歌い切ったのは凄い。会場も真っ赤で素晴らしかった。
個性的なキャラしかいない舞台でひとり燃え盛っていたてとらくん。頑張ってた。大将との体格差もいい。
今度は流星隊揃うといいな!

副会長
とりあえず脚が長い。細い。スタイルよすぎ。折れそう。
生徒会副会長は兎に角冷酷で絶対的自信があって、兎に角かっこいいのに、神崎くんに手を焼く先輩が可愛い。
生徒会として学園を守ろうとする悪役な姿と役が抜けたあとのギャップに萌えます(笑)

神崎くん
ござる〜!←可愛い
刀を使った演技が決まってた。見事でした。紅月の扇子が1番似合う。
彼も細いのに副会長お姫様抱っこしてて折れそう!折れそうって心配でした(笑)

大将
とりあえずラストの副会長の肩を叩いて全てを伝えるシーンが好きなんで見てください。

瀬名泉
「ちょ〜うざぁい」って声が低くて威圧的でしたね。
例のゆーくんとのシーン、
個人的一番は「ゆーくん」って近づいてきて、ゆーくんを捕まえて言う「気持ち悪いだけだよねぇ…?」の真っ黒な顔からの、突き放されたあとの「弟みたいな存在だと思ってたのに」の顔の差。
ゆーくん達以外とあまり絡んでいないのでせないずがもっと出てくる続編を待ってる!!もっと見たい!!

ていうか、私の中の彼は鉄ミュ東上なので頭の中での差が凄い……(笑)

嵐姉さん
とりあえず、 モデル体型、半端ねぇ……こりゃモテる。(笑)
まぁ御本人なんで原作そのままでした。
お昼食べたあと、ちゃんとせないずが放置したジュースや袋を回収していったの可愛かった(笑)
ライブビューイング用のカメラへの投げキスが一番多かった。
「全く、素直じゃないんだから」←ここの顔が好き。
彼が登場してファンサすると会場がキャーキャー言ってピンクな雰囲気でした。圧倒的アイドル…。
カーテンコールの全員でのお辞儀、彼だけ紳士な頭の下げ方でしたね。お見事。

ラスト天の声
本当に…本当に……
不意打ちやめて。次回作に期待。

ラスト座長挨拶のスバルはやっぱりアイドルでした。キラキラをありがとう。

ライブビューイング限定 バクステ
キャラがそれぞれ挨拶して去っていく。正直あんまり覚えてないんだけど、双子ちゃんが可愛かったのと、朔間先輩の「りつは何処かのう?」が印象的。
トリスタ挨拶、北斗(というか中身)グイグイ出過ぎ。(笑)
ここでのゆーくんの「このカンパニーは皆が誰かを頼っている」という話が好きです。
北斗の最後の最後での投げキスに私は死にました。ありがとう。


ところで、会場に入ったとき、後ろの席の小学生(!)の女の子が私の鞄(缶バッジとストラップが少しついていた、痛バもどき)を見て「北斗くんすごい!」と付き添いのお父さんと話していました。

その女の子が休憩時、
「いつも平面(雑誌やスマホかな?)で見てるけど、こういうの楽しいな!来てよかった!」
と笑顔で言っていて胸に刺さりました。

過去に「ライブビューイングは観劇じゃない。地方民在宅への救い」という声を聞きました。
金持ってる在宅は嫌だけど、こういう子が居るということも考えて欲しいな、地方民の勝手な願いです。


自分の思ったことしか書いてない上に本当に語彙力が欠如しているので可愛いしか言ってないし申し訳ないけど、とりあえずキラキラしたみんなを見たことで人生頑張ろうと思えました。



あんステはいいぞ!