読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あんさんぶるスターズ!オンステージ


あんさんぶるスターズ!オンステージ
覚え書き (私以外には意味不明です)

千秋楽ライブビューイングでの観劇でした。
ペンライトとうちわが持ち込みOKの応援スタイル可舞台でしたが、地方なのでペンライトを持っていたのがガチ勢な連番お姉さんくらいしか居らず、ひとりで寂しく振りました(笑)

まずライブビューイング限定、TrickstarとKnightsによる注意事項の説明と挨拶。
覚えてること→スバル、ポップコーン。

スバル
スバルは兎に角体が軽い!ぴょんぴょん飛んだり、わーっ、と階段を駆け上ったり、客席を歩いたりする、それぞれの身のこなしが軽やか。
見て欲しいのは北斗に100円で釣られる時の顔!(笑)
個人的に高校生らしいキラキラした笑顔はナンバーワン。
「何であの子が泣かないといけないんだ!!」
しののんの下りの彼の泣き顔はかなり心に来ます。誰よりもまっすぐ過ぎて苦しい。

北斗
とりあえず、序盤の「花を見つめてしまっていた…」の時点で何を言ってるんだお前って思った。
例のお笑いシーン、某舞台で「アドリブの天才」と言われた通りのアドリブでした。前半の感想が「どんぐり」になるくらいにはインパクトが強すぎた。後半は「なんでぇ↑やねぇん」。
演劇部による「なんでぇやねぇ〜〜ん」の歌唱力の無駄遣いシーンであ、これファン増えたなってちょっと思った(笑)

双子とのレッスンを真剣に学んで、くすぐられて笑って、真面目な顔でボケて突っ込んで、頑張るが故に空回りする北斗。

双子のライブシーンで端っこで正座して合いの手しながら見てる所、大神くんに「ガリ勉!」と言われて?!ってなる顔、「なんでやねんは下手くそだね」って言われてショックな顔、えいえいおー!が出来なくて戸惑う顔、
生徒会と戦うことを決意した「はい!」という声、ライブシーンのキラキラした笑顔、アイドルなファンサービス、
全部好きだなぁ。

あ、結局推し贔屓だ……


真緒くん
今回が初舞台(!)だったそうで、確かに周りよりぎこちない雰囲気はありました。
でも生徒会とトリスタの間に挟まれた真緒くんを見事に演じきっていて。
特にゆーくんを守るシーンの真緒くんが好きです。
今度某舞台に出るとのことで楽しみです。彼の爽やかさに絶対似合うから。

ゆーくん
さ、最年長?!?! びっくりでした。北斗と同じくらいだと思ってた……(笑)
スバルとのコンビが高校生高校生してて本当に好き。ボケたあとの(´・ω・`)って顔が可愛い。
エンディングでひとりぴょんぴょんしてピースしてるゆーくんめっちゃ可愛い。

しののん
大天使しののん。そう言いたくなる。
声が小さくて、弱気で、生徒会に苛められても、ひとりでキラキラの笑顔で歌いきったしののん。
歌い終わったあと明星先輩に笑顔を作ってたのに溢れ出た涙を隠せなかったしののん。
しののんは、個人的に誰よりもアイドル。
しののんの涙に、本当に泣きそうだった。

葵ひなた・ゆうた くん
まず、朔間先輩を棺桶から出してあげる所が好きです。蓋を開けて、出た後片付けてくれる双子ちゃん。
真面目な北斗をほぐしてくれる双子ちゃん。
ライブシーンに入る時のヘッドホンをつける仕草。シンクロしたダンス。
本当に、本当に、舞台に双子ちゃんは実在してた。ライブシーンは何回でも見たい。
でも大神くんの「どっちが喋ってるかわかんねぇんだよ!!」に「わかる」って思ってしまった私です(笑)

朔間先輩
かっこいい。トリスタちゃんたちよりでかくて、威厳がある。大神くんとの絡みは原作そのままでした。

薫くん
ライブシーンで首筋エロい!かっこいいな〜!って思ってしまった。(笑)
もうちょっと出番があったら良かったなぁ…あの喋りで口説いてるのとか見てみたい。

大神くん
ギャンギャン騒ぐわんこが可愛い。双子との絡みも可愛い。とりあえず見て。
以上

アドニスくん
両手に10kg抱えてお肉のダイレクトマーケティングするアドニスくんめっちゃ好きです。
あとオカリナが上手い!
個人的にこれからもっと色んな舞台で見てみたい俳優さんでした。

てとら
ひとりメテオレンジャー熱かったね!アノ曲をひとりで歌い切ったのは凄い。会場も真っ赤で素晴らしかった。
個性的なキャラしかいない舞台でひとり燃え盛っていたてとらくん。頑張ってた。大将との体格差もいい。
今度は流星隊揃うといいな!

副会長
とりあえず脚が長い。細い。スタイルよすぎ。折れそう。
生徒会副会長は兎に角冷酷で絶対的自信があって、兎に角かっこいいのに、神崎くんに手を焼く先輩が可愛い。
生徒会として学園を守ろうとする悪役な姿と役が抜けたあとのギャップに萌えます(笑)

神崎くん
ござる〜!←可愛い
刀を使った演技が決まってた。見事でした。紅月の扇子が1番似合う。
彼も細いのに副会長お姫様抱っこしてて折れそう!折れそうって心配でした(笑)

大将
とりあえずラストの副会長の肩を叩いて全てを伝えるシーンが好きなんで見てください。

瀬名泉
「ちょ〜うざぁい」って声が低くて威圧的でしたね。
例のゆーくんとのシーン、
個人的一番は「ゆーくん」って近づいてきて、ゆーくんを捕まえて言う「気持ち悪いだけだよねぇ…?」の真っ黒な顔からの、突き放されたあとの「弟みたいな存在だと思ってたのに」の顔の差。
ゆーくん達以外とあまり絡んでいないのでせないずがもっと出てくる続編を待ってる!!もっと見たい!!

ていうか、私の中の彼は鉄ミュ東上なので頭の中での差が凄い……(笑)

嵐姉さん
とりあえず、 モデル体型、半端ねぇ……こりゃモテる。(笑)
まぁ御本人なんで原作そのままでした。
お昼食べたあと、ちゃんとせないずが放置したジュースや袋を回収していったの可愛かった(笑)
ライブビューイング用のカメラへの投げキスが一番多かった。
「全く、素直じゃないんだから」←ここの顔が好き。
彼が登場してファンサすると会場がキャーキャー言ってピンクな雰囲気でした。圧倒的アイドル…。
カーテンコールの全員でのお辞儀、彼だけ紳士な頭の下げ方でしたね。お見事。

ラスト天の声
本当に…本当に……
不意打ちやめて。次回作に期待。

ラスト座長挨拶のスバルはやっぱりアイドルでした。キラキラをありがとう。

ライブビューイング限定 バクステ
キャラがそれぞれ挨拶して去っていく。正直あんまり覚えてないんだけど、双子ちゃんが可愛かったのと、朔間先輩の「りつは何処かのう?」が印象的。
トリスタ挨拶、北斗(というか中身)グイグイ出過ぎ。(笑)
ここでのゆーくんの「このカンパニーは皆が誰かを頼っている」という話が好きです。
北斗の最後の最後での投げキスに私は死にました。ありがとう。


ところで、会場に入ったとき、後ろの席の小学生(!)の女の子が私の鞄(缶バッジとストラップが少しついていた、痛バもどき)を見て「北斗くんすごい!」と付き添いのお父さんと話していました。

その女の子が休憩時、
「いつも平面(雑誌やスマホかな?)で見てるけど、こういうの楽しいな!来てよかった!」
と笑顔で言っていて胸に刺さりました。

過去に「ライブビューイングは観劇じゃない。地方民在宅への救い」という声を聞きました。
金持ってる在宅は嫌だけど、こういう子が居るということも考えて欲しいな、地方民の勝手な願いです。


自分の思ったことしか書いてない上に本当に語彙力が欠如しているので可愛いしか言ってないし申し訳ないけど、とりあえずキラキラしたみんなを見たことで人生頑張ろうと思えました。



あんステはいいぞ!